【WordPress】カスタムフィールドテンプレートのテーマ内foreach処理

先日、Wordpressのテンプレート内にカスタムフィールドテンプレートを用いて項目を表示するという案件がありましたが、テーマのアップグレードで消してしまいました…。備忘録がてらにコードを書いてみました。

繰り返しイメージ画像

Photo Repeat by Thomas Hawk.

先日、Wordpressのテンプレート「Twenty Fifteen」内にカスタムフィールドテンプレートを用いて項目を表示する、という案件がありました。

しかし、以前にそのコーディングをしたのですが、Wordpress のテーマをアップグレードしてしまい、その作業を無駄にしていまいました・・・

教訓!

親テンプレートは弄るな。子テンプレートを作れ。

(ただし、自作テーマの場合はこの限りではない)

ということで、今回の作業を備忘録していきます。

カスタムフィールドテンプレートのforeach処理

今回は「Twenty Fifteen」内に書くので、対象のPHPは「content.php」になります。

そして今回はさらに、このようにしたいと思っています。

  • レスポンシブしやすくするため、定義形式(DT-DL-DD)
  • もしもカテゴリーがrecruitだったらに限定
  • 該当項目が空白だったら、その項目は非表示
  • 複数行にも対応(しなくても良いところもありますが、纏めて対応)

・・・ずばりコーディングするとこうなります。

位置関係を言うと、div.entry-contentが来て、the_content・wp_link_pagesの処理が終わったあとの次です。

子テーマを作れ

今回泣く事になってしまった原因です。

取り敢えず、下記サイトを参照してサクっと作ってきました。

wordpress子テーマの作り方!style.css・各テンプレートファイル・function.php の設定手順 | ゆとり世代のブログ運営論
http://viral-community.com/wordpress/wp-child-theme-5818/

また作る事もあるかも知れないので、今回の style.css も備忘録がてらに貼っておきます。

Templateのところはディレクトリ名なので、テンプレート名 Twenty Fifteen と入れない様に注意が必要です。ここでも沼にはまってしまいました・・・。

投稿者: STAFF

Hello World.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です