WordPress のデバッグプラグイン。

Wordpress 内で具体的にどういう処理がされているかを「Query Monitor」プラグインで調べることができます。

例えば、Windows を使っている人は「タスク マネージャ」、

QueryMonitor0

Mac OS X を使ってる人は「アクティビティモニタ」を使ったり、見たことは何回かあると思います。

QueryMonitor1

パソコンが重いときは何が原因なんだろう…とこれで調べることがよくありました。

それの WordPress 版

そして、Wordpress でも、具体的にどういう処理がされて、どういうプラグイン・処理が悪さをしているかの判断に助かるプラグインを…、他の人(いや、会社?)のブログから初めて知りました。

WordPressのデバッグプラグイン「Query Monitor」をサイト制作・カスタマイズに役立てよう
http://liginc.co.jp/web/wp/plug-in/151347

自分も入れてみた

入れてみたら早速、ページ生成時間・メモリ・DBクエリの実行時間・実行したクエリ数の4つが表示されました。
0.67s は早いのか遅いのか・・・参考までに CPI サーバーで12個プラグインを有効にしています(恐らく個数だけの問題じゃないと思うが)。

QueryMonitor2

早速軽度のエラーが

Notice エラーが1つ、Deprecated エラーが1つ出てきました・・・。いずれも軽度なエラーなのですが、何なのでしょうか。調べてみます。

QueryMonitor3

投稿者: STAFF

Hello World.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です