建築現場を管理するほかに、資金繰りや専用伝票も作成することが出来ます。

完工率アップのためのアプリ”建築ToDo”

完工率低下の原因はコミュニケ
先延ばしにれてている業務を予定通りに進める方法がここにあります。

まだメールやLINE・Facebook・・・様々なアプリケーションを使っているのですか?
PC・タブレット・スマホいずれかのたった1台あれば社内の情報はCloud(クラウド)経由で共有できます。

完工率アップのためのアプリ”建築ToDo”があればあなたの会社の現場管理は素人さんでも大丈夫!人件費のコストダウンが簡単にできるのです。
無駄な移動時間を減らし1日あたりの巡回件数を増やし効率の良い現場管理を目指して下さい。

1.きれいにまとまった操作画面

通常の操作は1つの画面で他のページに移動すること極力少なく設計しました。
情報の全てに目が届くので社内の動向が手に取るようにわかります。マネージャーには最高のツールとなるはずです。

建築ToDoのメイン画面(PC)

社内の全員が同じ画面を操作し、社内のスケジュール・個人のスケジュールを一元管理することができます。
リーダーは当然、建築ToDoの画面でチームや社内の状況を把握しながらスケジュールを調整することができます。

社内共有についてさらに詳しく

2.今日、そして、今週のやるべき事が一目で確認できるリマインダー

予定より一足早い実行と行動が“いいね”

お客様情報と行程表を設定するとその時点からある程度までのリマインダーが設定されます。またそのお客様や現場工程によって様々な予定が組まれることでしょう。

でも心配はありません。設定した日時にその用件はすべてあなたに知らされます。仕事に追われるのではなく、仕事に向かう前の余裕を楽しみましょう!

リマインダーについてさらに詳しく

タスクの一覧を表示している画面(iPhone)

3.工事写真・CAD・PDF・Office…社内のファイル共有

データを持ち歩かなくても大丈夫。

自宅や現場などネット環境さえあれば、どこでもデータを確認できるファイル共有機能を建築ToDoの中に搭載。パソコンだけではなく、画像ファイルなど一般的なファイルであればスマートフォンからも閲覧することができます。

しかも、キーワードを打ち込めば高性能な検索機能も準備しました。

ファイル共有についてさらに詳しく

共有ファイル一覧画面の部分

4.簡単なやり取りはSNSをも凌ぐチャット

他のアプリやメールに頼る必要はもうありません。本当にこれ一個!これだけ

SkypeやLINEなどといったチャットアプリを使用しますが、発信する内容ごとにグループやアプリを変更しなくても、もう大丈夫です。チャットの内容ごとにアプリが監理している権限グループやワークグループに自動的にその内容を送信します。

社内のみのチャット、取引先も含めたチャット、個人対個人のチャットなど必要な時に必要な相手にのみチャットすることが出来る仕様です。

チャットについてさらに詳しく

5.様々なデバイスに対応

パソコンは勿論スマートフォンやタブレットでも。

オフィスではデスクトップPC、出先ではタブレット端末、そして手軽なスマートフォンと私たちはそのシーンに合わせてたくさんのデバイスを使用します。そのデバイスはみんな建築ToDoに使用できます。身近なデバイスから今日のスケジュールを確認しましょう!

マルチデバイスについてさらに詳しく

パソコンはもちろんのこと、タブレット・スマートフォンにも対応。

6.リマインダーと同期された工程表

基本工程表にも勿論対応。

よく使われるグリッド表示(従来のExcelなどで作られたもの)と併せてリスト表示の両方に対応しました。リマインダー中心のスケジュール管理をされる方にはリスト表示の工程表がオススメです。

工程表についてさらに詳しく

7.顧客と現場管理がリンク

顧客と現場管理が同時に確認出来る優れもの!

毎回繰り返されていく新築現場といえどそのお客様により現場の内容は様々です。

そのお客様の契約内容やその担当者などを確認するのもそのたびに顧客ファイルを開くのも大変です。建築Todoでは、そのたくさんのクライアントを一括して管理できます。

しかもその内容は、社内、社外どこに居ても一瞬で確認することができます。

大事なお客様との約束も建築ToDoが管理してくれ、その内容もすべて一瞬で確認することができるのです。

わかりやすいヘルプ機能

各ページのパーツごとにヘルプボタンをご用意いたしました。

操作の分からない部分はその部分のヘルプボタンを押していただくと、必要な情報が簡単に見つけることが出来ます。さらに分からない事はAMSのサポートデスクまでお気軽にどうぞ!