社員採用に関して思うこと1

同年代の親御さんの中で、息子を、「娘をいい仕事に就かせたい」と思うあまりに塾に通わせ、できる限り良い学校に受かるように教育してきたと思います。しかしながら、教育に力を入れすぎて本来の躾けが全くできていない様を見かけます。

私は昭和39年生まれ、今年の12月で53歳になります。
当然、人の親です。
その子どもたちも社会人として、自分の進む道を探し歩んでいきます。

今、求職中の子どもを持つご両親にも是非聞いていただきたいのです。

同年代の親御さんの中で、息子を、「娘をいい仕事に就かせたい」と思うあまりに塾に通わせ、できる限り良い学校に受かるように教育してきたと思います。

しかしながら、教育に力を入れすぎて本来の躾けが全くできていない様を見かけます。

「勉強をしないと試験に落ちて、幸せになれない」とお考えのようですがそれは順序が違います。
というもの、躾や人間本来の教育ができていないので社会人になってからそれでつまづいているのです。

器が不十分なのに、勉強を詰め込んだのが本人たちにはよほど辛いのでしょう。
最近の若者を見ていると本当に多くの言葉を知っていますし、知識もある人が多いです。

が、一方、

箸が使えないので、取引先の前で笑われそれが原因で仕事がうまくいかない・・・

自宅ではポケットに手を入れたまま親と話してもなんともないのですが、それがわからないので会社の上司や取引先でついついそんな仕草をしてしまう・・・

メールでなんでも済まそうとする。

『オチは無いの?』という会話をよく聞きますが、オチの無い会話などを嫌ってみたり、オチを付けたがる
こうして、一般の社会からつまはじきにされ、自分の居場所をなくしている若者が目立つのです。

自宅でよく使う言葉「超〜」「ありえねぇ」「ヤバい」「マジッ」その他の短縮言葉、これは学校や家庭では通じますが、会社の上司やお客さんには通じません。
会社には民主主義はありません。上が勝手に決めるのです。
お客も一緒。

こう言ったことを知らないまま社会人になると当然辛い人生の幕開けとなるのです。
会社を辞め、次の会社に面接にいくとよく聞かれます。
『前の会社を辞めた理由は?』
「上司と合わなくて」「先輩とケンカして」
あり得ません。

面接試験を行うと、ワープロできれいに活字印刷された履歴書が送られてきます。
A3やB4対応のプリンタがないのでA42枚で印刷されています。
ま、内容がわかればいいのですが、その内容は、ネットや本で書かれている雛形通り・・・

何度か私も経験していますが、そんな履歴書を見ると「バカにしてんの?」と思うことがありました。
これでは、採用される訳も無く人材派遣会社行き>半年に一度は無職>派遣村で炊き出しにも文句を付ける生活につながるのではないでしょうか?

高学歴の落ちこぼれの出来上がりです。

 

採用希望者のみなさんへ

2017/05/09(更新)下のリンク(求人ページへの)が壊れていました。修正しました。

会社の概要について

秋田マーケットサービス有限会社

秋田マーケットサービス有限会社は平成9年7月に発足しました。

もうすぐ20年になりますね。取引先(クライアント)がマーケット(市場)で円滑に業務が進むお手伝いをする会社と言う意味で名付けました。

今更、有限会社なんてカッコ悪いし、秋田マーケットサービスというのも〜!と思えます。「ま、そのうち株式会社○○なんて気の利いた会社名に取っ替えよう」と思いつつもこのまま今の今まで来てしまいました。

小野透について

小野透ケロリンある意味変わり者、よく言うとアイディアの塊です。マーケティングに関してのアイディアがチョクチョク浮かんできます。まぁそのおかげで今までこうしてやってこれたと思います。笑”

現在は主に住宅会社向けのコンサルティングが中心で北海道から愛知県までを行き来しています。

パーコレーター
30年近く使用しているパーコレーター

趣味はアウトドア全般です。20代の頃先輩に連れて行ってもらった2泊3日の登山で思い切りハマりました。外で食った焦げ焦げのご飯がとても美味かったです。それが忘れられません。体育会系の大男も寒くて大変になると話すこともできなくなるんです。で、酒を飲み始め暖かい物を食べ始めると少しずつ笑うようになるんですね。

コンサルティングとプログラム

サラリーマン時代からWEBに関しての興味は人一倍だったと思います。

そうしているウチに、「WEBの向こうではものすごいアプリが動いているんだなぁ!」と思うようになりました。「普段Amazonなんかで決済しているのも、twitterやFacebookでつぶやいているのも当然HTMLだけじゃ無いよなぁ。と、すればこういう仕組みやオリジナルのプログラムをクライアントは必要としているだろうなぁ」とそれがきっかけです。

この動画好きです。(こうであってはいけないと思うのですが・・・)

採用希望者に思うこと

近頃ブラック企業だとかパワハラだとか、こんなKeywordをネットをはじめとするメディアで良く聞きます。

要は、会社側と働く社員側に大きな壁が出来ているんだと思うんです。会社は社員を道具扱いにし、社員は会社を金ヅルと考える・・・

これでは、どこまでいっても平行線ですよね。これはお互い様だと思います。ちょっと脱線しますが、

公務員と違い一般企業は、利益で食ってます。

  • 何かの商品やサービスを提供してその代価を受け取る。
  • その頂いたお代の中で利益を出す。
  • 出た利益をみんなで分配する。

とてもシンプルなことですよね。
子供の頃からそれに似たことは皆経験していると思います。

その中で、全員の利益に反することをした人はやっぱいじめられるんですね。決して良いことでは無いですが、でも嫌われるんですね。
で、活躍する子とか皆を気遣う子はやっぱ人気があるんですね。社会でも同様でこんな子はどんどん偉くなって行くんです。
最終的には重役になって経営者側の立場になってしまうんですね。

で、あなたはどの辺を目指しますか?

私もいままでいろんな人を見て経験してきました。80年代のバブルの頃ですビンボーだった頃、お金持ちを見てこんな事を思いました。

「俺が金持ちになっても、あんな金持ちには絶対ならない!」

みんながそう思うと思いますが、でもそんな事を思っていたのは、ビンボーだったからなのですね。笑”

つまり、もしあなたが経営者になっていくとすれば、とても苦しい決断を繰り返していくことになるんですね。で起業したばかりのころは夜も寝ずに(時給換算したら500円くらいでしょうか?)お客に無理難題を押しつけられても笑って対応する毎日が待っているんです。

イチローみたいなずば抜けたプレーができれば別ですが・・・

ですから、本当の意味での努力をして少しでも積み、楽に飯が食えるようにしなければならないのですよね。この本当の努力ってでも結構難しいですよ。

ただ、断っておきますが労働基準法に抵触するのは違法ですからいけませんよ。それを助長しているのではありませんからね。誤解無きよう!

男性社員と女性社員

なんすか〜これ〜?

まず。女性に言っておきたいことがあります。これはとても重要でです。

社内でパワハラされた!とか聞きます。働く女性には本当にたくさんあるんでしょうね。
これはひどい話しです。得に、男女雇用機会均等法がある我が国では働く人は女性だろうと男性だろうと、日本人だろうと外国人だろうと同じに扱われなければなりません。

が、ですよ。ひとつお願いがあります。

上司;「ちょっと○○さん、お客さんにお茶お出しして」
女性社員;「私お茶入れのためにここに勤めたんじゃないです。他にやらせてください!」こんな、内容がよく発言小町に書かれています。笑”

会社に重い荷物が届いたり、高いロッカーの上にある段ボールなど『△△君、アレ取ってよ!君背高いでしょ』って言わないことです。笑”

さて、男性社員の番です。

やっぱ男はだらしないのはいけません。酒、金、女・・・私も人に言えるほど偉くないので、あまり自信いっぱいに話せませんが、あえて言わせてもらいます。

その昔は、男が獲物を獲ってきて女子供に食わせていたでしょう。(憶測ですが汗;)それが最近の男って本当にだらしないです。酒は飲めない、金は割り勘!好きな女に「好き」って言えない、断られるのが恐いから結局籠もってしまって一生童貞!実は女性は待っていると思うんですよ。強い男性を!
(でもないかなぁ?)いや待っているはずです。

若者たちへ

私は1964年生まれ現在52才です。精神的には25才だと思っていますけどね。笑”

最近の世の中、金、金、金です。その金を争い合うために、良い学校へ良い学校へとチャレンジする必要がありました。当然その努力は並大抵のものでは無いと思いますよ。

でもね、心配しないで下さい。

おそらくこのページを読んでいるあなたは、その努力をまだしていないかその途中の人たちでしょう。www

これから、人並みに、もしくはそれ以上に美味しいオマンマを食うためにはその努力は避けられません。でなければ一生半端者です。その昔、学校にも行けず大工になった人がいます。でも夜寝る前に一生懸命習字の練習をしていたそうです。

それから数十年経ち、その大工さんは数人の見習いを抱える棟梁になっていました。家を新築するとき上棟式があります。その家の一番目立つ高い場所に棟札という棟梁が書いた木の札を打ち付けます。その棟札は、誰が見ても毛筆の達人が書いたような棟札でした。

最近は、

  • この値段だとどこまで手を抜いてもしかられないだろう?
  • どこまでだったらギリギリ品質を落とせるだろう?
  • この程度の品質でどこまで金を取れるだろう?

ということにこだわっている商売が多すぎます。

  • どうしら、お客が喜んでくれるだろう?
  • どのくらいにしたらお客がお腹いっぱいになってくれるだろう?
  • どうしたらお客が損した気分にならずにすむだろう?

ってどうして考えないんだろう?と寂しくなることがあります。このことをじっくり考えて人生の最後まで努力してみて下さい。当然私もその努力の最中です。

もし、私と一緒に働くことになったなら共にその努力を支えそしてたたえ合いましょうよ!

また、縁が無く私と一生違う道を歩く人のほうが多いでしょう。そんなあなた、時々このブログに合いに来て下さい。また、私はコンサルティング契約していない方にも全力で出来る範囲でのアドバイスをしています。

遠慮せずに、私宛にメールを出して下さい。100%返信しております。ここまでお付き合い頂きありがとうございます。当社へ面接希望の方は下のリンクからご応募下さい。

https://www.ams.jp/kyujin.html




建築ToDo中小企業投資促進税制に対応しました。

建築ToDoを買取で運用させる場合、減価償却は不用です。生産性向上設備投資促進税制証明書をいただきました。

こんにちは、AMSの小野です。

この度、当社が開発した ”建築ToDo” を買取いただく際に、減価償却が不用になりました。100%一括で単年処理することができます。

以下の写真にもあるように、お客様ごとに申請が必要になりますが、以下のような証明書があれば、決算後の申告書に以下の証明書を添付すればそのソフトウェアは100%単年で経費として処理する事ができます。syoumei_sample

住宅会社の効率アップや税金対策にも ”建築ToDo” はお役に立つ事ができます。

是非、この機会に導入のご検討をお願いいたします。
詳しいお問い合わせは、AMSお問い合わせフォームからお願いいたします。
尚、建築ToDOに関してはこちらのページをご覧ください。

AMSが作るサイト→Coolな事例が無いわけ

突然、いいわけがましいタイトルですね。笑”
そうです。良いわけをさせてください。笑”

先日、とあるクライアントさんから『お宅が作るサイトなんですが、結構しっかり色が使われていて(しかも暖色系)Coolなデザインのサイトって作ってませんねぇ!』
Σ(´∀`||;)ドキッ!!
ま、確かにその通りです。否めません。

“AMSが作るサイト→Coolな事例が無いわけ” の続きを読む

ウチのお客さんが欲しがるもの

ウチのお客さんのほとんどが、住宅会社さんです。こうしてお客さんの会社を訪問したり、イベントに参加させていただいたりしてますと、同時に材木や建材の卸屋さんとも良くご一緒させていただきます。

ですから、ウチのお客さんの中にも建材の卸屋さんがいるわけです。こうして沢山の住宅会社さんとお付き合いしてますと、最近のニーズというものが少し見えてきます。当然AMS(秋田マーケットサービス)に求めるものもあるでしょう。併せて、協力会社さんそれぞれに求めているものも見えてきます。

“ウチのお客さんが欲しがるもの” の続きを読む

ビジネスブログを書くときのコツ(本文編2)

このブログにお越し頂く方のほとんどは、所謂ところの客商売をされてるでしょう。要はプロと呼ばれている方だと思います。当然キャリアは数十年とか数年とか腕のあるプロの皆さんがご覧いただいているはずです。

“ビジネスブログを書くときのコツ(本文編2)” の続きを読む

ビジネスブログを書くときのコツ(本文編1)

ちょっと間が開きました。今日はビジネスブログを書くときのコツの中でも一番のキモになる本文です。これ本当に大事です。

本文の書き方に入る前にひとつ覚えておきたいことがあります。それは、この文章はブログ(サイト閲覧者)に読んでもらう文章です。決してGoogleに読ませる文章ではありません。・・・ “ビジネスブログを書くときのコツ(本文編1)” の続きを読む

ビジネスブログを書くときのコツ(タイトル編)

SEO(Search Engine Optimization)に関して裏技を書いたサイトはよくありますが、ここではまるっきり正当な文章の書き方で左右されるSEOに関して書いてみたいと思います。

日々のブログ更新・・・ “ビジネスブログを書くときのコツ(タイトル編)” の続きを読む

マクドナルドの低迷から学べること

”1971年、銀座三越店内に国内1号店を開店して以来、40年以上も日本のファストフード業界を牽引し続けてきたマクドナルドが、過去に類を見ないほどの苦境に立たされている。 “マクドナルドの低迷から学べること” の続きを読む