経営迷子って知ってますか?

業績が今ひとつ伸び悩むとき、経営者は次の一手を打ちたくなります。現在の経営状況を考え、商品構成の見直し、価格の改正、人事の変更、新しいブランドの立ち上げ・・・ここで優先順位を付けたり、営業エリアのライバル会社を調べたりするわけですが、なかなかいい解決案を打ち出すことができない、ということが良くあります。

経営迷子

業績が今ひとつ伸び悩むとき、経営者は次の一手を打ちたくなります。現在の経営状況を考え、商品構成の見直し、価格の改正、人事の変更、新しいブランドの立ち上げ・・・ここで優先順位を付けたり、営業エリアのライバル会社を調べたりするわけですが、なかなかいい解決案を打ち出すことができない、ということが良くあります。

更に業績が悪ければ悪いほど、しかも資金繰りが悪い時ほどそのアイディアが浮かびません。『どこにどんなふうに進めばいいのかまったく見えてこない!』身内に相談しても現実的なアドバイスはもらえない。社員に話してみても、異業種の友人に聞いてみても・・・

これを私は経営迷子と呼んでいます。

実は、大なり小なりこのようなことは会社を経営している限り必ず遭遇することです。ですからその状況になっても落ち込む必要はありません。いかに御社にぴったりな解決策を見つけるかということです。できれば短時間でです。

なにもしないでただ立ち止まっている社長さんを見かけますが、それが一番状況を悪化させます。ただ、この場合会社の状況に気付きその解決策を模索しているのですからまだどうにかなります。会社のピンチに気付いたのにフタをかぶせて先送りにするようでは先が見えています。

ここでお話し出来るのは、前者の経営者に関してです。

当然、こんなことを話している私も何度も経験しています。社員を増やすべきか?外注に頼んでおくべきか?ここは投資すべきか?現状維持か?・・・やりたいことはいっぱいありますが、それを実行し維持するほどの体力はあるのか?こんなことは日常茶飯事です。

私がよくやるのは、第三者の声を聞くことです。これはできれば専門家にです。やっぱり彼らはその道のプロですから同様の相談をされたことがあるんですね。おおよそそうでした。

時には司法書士だったり、税理士だったりもします。通常お付き合いしている税理士さんと違った方に有料にはなりますが相談すると新しい発見があります。毎月お付き合いしている税理士さんも大事ですが、違った考え方や修正方法を知っている方もいるのです。

さすが、餅は餅屋ですね。面白いことにそれが専門職じゃ無い方の場合もあります。ある建設会社の社長が税金の事で経営を圧迫している時期がありました。その時の経験談からプロの税理士の立場では口にできないことを学びました。それを面と向かって教えてくれたこともありました。(合法的な事です。)

なるほど、経験ってものすごい物だな。と感心したものです。

当社でも、コンサルタントとお付き合いしたことが無い方のために、1時間の無料相談を設けています。私の場合、そんな時も全力投球です。そのおかげで全ての問題が解決してしまった方もいます。私としてはその先を望んでいるのですが・・・笑”

まぁ、それはともかくとして自分で解決が難しいときは是非ご利用下さい。無料ですから。笑”

お電話:0120-47 5610( シナン コームテン)です。

LINEで送る
[`evernote` not found]